« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月11日 (日)

2012年3月4日放送の『スクール革命!』 子供はなぜ丸いものが好き?

3月4日放送の『スクール革命!』は、「絶対に役立つ20の法則」というテーマでした。その中で、僕が“なるほど確かに”と思った法則は、子供の心を簡単につかめる法則。

それは以下の3つです。
1.子供は丸いものが好き
2.子供が絶対に爆笑する言葉は「うんち」
3.子供が好きなギャグはリズムネタ

1と2は、僕も常々そうだと思っていました。いとこの子どもがやっと平仮名が読めるようになったとき、「じゃあ、これは何て書いてある? 読めるかな?」って言って、「おなら」とか「うんこ」とか書くと、くすくす笑って、嬉しそうにしてたし、子供の好きなアンパンマン、ミッキーマウス、ドラえもん、ピカチュウなどのキャラクターは、みんな丸でできてますもんね。

でも、なぜ子供は丸いものが好きなのかについては、“うーん、おっぱいかなあ、まさかね、ははは”と思っていたら、番組中、専門家(千葉大学大学院医学研究所子どものこころの発達研究センター 中里道子准教授)による説明がありました。

それによると、

「子どもは赤ちゃんの頃からお母さんの丸いおっぱいから温かい思い出をたくさんもらっています。それによって、丸い形を見ると、やわらかさとか温かさとか、良い思い出がいっぱい脳の中に蘇ってきます。それで子ども達は丸い形が好きだと言われています」

やっぱり、おっぱいか! うーん、そうであったか。なるほど。なるほど。納得です。

3つ目の法則は、子どもは、小島よしおの「そんなの関係ねー、ハイ、オッパピー」や、楽しんごの「ドドスコスコスコ、ラブ注入」のようなテンポの速いリズムネタが好き、ということなんだけど、その理由は、子どもの心拍数は100ぐらいなので、それより少し速いテンポが120~130台くらいのものであれば子どもは興味を持つ、ということでした。

なるほどなー、言われてみれば、確かにそうかも。小島よしおの場合は、海パン一丁というところや、楽しんごの場合は、「ドドスコスコスコ」ってやってるときの腰の動きなんかも、子どもにウケる要素だと思うけど、確かにリズムがよくないとウケないかも。

この3つめの法則を検証するのに、トータルテンボスの藤田が、園児たちの前で、やすぎ節をゆっくりのテンポと速いテンポ(130)でやってみせたのもおもしろかったなあ。「この世の終わりに春が来た♪」って唄いながら、園児の前で奇妙な踊りを披露する藤田。結果は、テンポがゆっくりのときは、園児たちから、「つまんなーい」などの声が飛ぶものの、テンポを速くしただけで大ウケ! やすぎ節、園児たちの心をゲットです。

たまたま見て、慌てて録画した番組だったけど、おもしろかったので、次回も見てみようかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

メロン熊がおもしろい! (にしこくんも!)

最近みつけたのですが、夕張市のゆるキャラ、メロン熊がおもしろいです。
 
Photo
 

メロン熊のブログがあります。

その姿は凶暴そうで、全然、ゆるくないです。メロンの模様の筋が怒りで顔に浮いた血管のようにも見えます。
 
訪問先の園児が泣くらしいです...無理もないです。大人でも怖いです。
  
でも、姿は凶暴だけど本当は心は優しくて、子供達や村人と仲良くなりたいんじゃないかって感じがして(勝手に思ってるだけですが)、赤鬼青鬼の話なんかも頭をちらっとよぎって、ぐっときます。

メロン熊グッズ欲しいなあ・・・。ていうか、暖かくなったら夕張に行って、本物のメロン熊に頭をがぶってやってもらいたいです。猪木のビンタみたいに縁起がいい気がします。 

夕張には、『幸せの黄色いハンカチ』思い出広場もあるというし。

早く暖かくなれ!   
 

PS
僕の近所の西国分寺のゆるキャラ、にしこくんも応援したいキャラです。子供が喜びそうな上半身のまん丸感と、それでいいのかと思わずツッコミたくなるむき出しの下半身が魅力です。語尾に「ぶーん」をつけてしゃべります。

Photo_2  

グッズ売り切れとか言ってるけど、たくさん作って、国分寺市民に配って欲しいです。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

スカイツリー出現!(第61期王将戦第五局)

第61期王将戦第五局を佐藤九段が制し、新王将に返り咲きを決めました!

おめでとうございます!

もうずいぶん昔、NHK杯戦の解説をしていた森内名人が、佐藤新王将の棋風について、「佐藤さんはボクシングでいうとハードパンチャーという感じで、普通は相手のパンチを受けないようにして距離をとっていくのですが、佐藤さんの場合は相手に打たれても関係なく攻めていくというところがありまして・・・」と紹介していたという記事を書いたことがありますが、今回の王将戦も相変わらずのガンガン踏み込んでいく将棋で、見ている僕達を魅了してくれました。

そして、今日の第五局でも、まるでマンガに出てくるような劇的な印象深いシーンを盤上に創出してくれました。

20120308

どうですか、この盤上に聳え立つ「歩金金角角桂」の搭は! まさに、つい最近完成した世界一高い塔、東京スカイツリーを彷彿とさせます。美しいなあ。

負けた久保王将はA級も陥落し、棋王戦でも郷田九段に王手をかけられていて、かなり追い込まれているように思います。しかし、何年か前のNHK杯戦で谷川九段を相手に粘りに粘って逆転勝ちした一戦を僕は忘れません(最後に決め手の桂を打つとき久保さんの手が震えていました)。 久保王将はきっとまた、新たな必殺技をひっさげて戻ってきて、その華麗なさばきの芸術で我々にため息をつかせてくれるに違いありません。

これからもこの両雄に期待です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

2012年東京マラソン仮装ランナー その11 身分の高そうな方々

さすがは東京マラソン。古今東西から高貴な方々が参加されていたようです。

 

No.1
Rimg0048
まずは、悪代官。頬の傷がいいですね。「お主も悪よのお、ふゎっはっはっは」と会心の笑い声が聞こえてきそうです。

 

No.2
Rimg0083
続きましては、黄門様です。上の悪代官を懲らしめにきたのでしょうか?

 
 
No.3
Rimg0084
おー、これは怪盗貴族アルセーヌ・ルパン? ワイングラスが似合いそうです。
 
 
No.4
Rimg0123
なんと、アラブの石油王も東京マラソンに参加です。
 
 
No.5
Rimg0171
こ、これは、ツタンカーメン! 東京マラソンの評判は時空を越えて古代エジプトにまで達しているようです。
 
 
No.6
Rimg0183
エジプトの王を追いかけてきたのか、クレオパトラも参戦です。
 
 
No.7
Rimg0201
おー、もう一人クレオパトラが! いったいどちらが本当のクレオパトラなのか?? どっちも仮装です。
 
 
No.8
Rimg0248
おー、音楽室に飾ってある大作曲家の絵から抜け出てきたみたい。気品があります。
 
 
No.9
Rimg0256
どこの国かはわからないけど、絶対に王様。間違いない。ところで、長井秀和、今どこで何をしてるんだろう?
 
 
No.10
Rimg0344
最後は、南国の島の王様と女王。まだまだ寒い東京でしたが、彼らの周りは常夏の空気でした。
 
 
これで2012年の東京マラソンの仮装ランナーの紹介も終わりです。仮装ランナーの方にはたくさん爆笑させてもらい、すっごく元気になりました。ありがとうございました。来年も宜しくです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

2012年東京マラソン仮装ランナー その10 顔塗ってます

数は少ないのですが、その分、インパクトが強烈な顔を塗ってる仮装ランナーを集めてみました。

どうぞ。

 

No.1
Rimg0037
まずは、軽いところで、ピンクのバニーちゃんです。鼻の頭をちょこっとピンクに塗っているだけですが、それだけで、何も塗らない場合と比べると、十分大きなインパクトがあることがわかるでしょう。

 

No.2
Rimg0080
ははは。なぜこういう塗り方になったんだろう?そしていったい何を表しているのでしょうか? 美顔パックをしている奥さんを思い出された男性も多いのではないでしょうか? ともかく、おもしろいです。

 

No.3
Rimg0099
これは強烈! すいかを表すのにここまで徹底する必要があるんでしょうか? あるんです。すばらしい。

 

No.4
Rimg0156
ははは。これも素晴らしい! 白色のボディーの上に置かれた頭部の黄色いレモンが、見るものに強烈な印象を与えずにはおきません。僕はこのランナーを見て、主人公が丸善の一角に積まれた画集の上に檸檬を置いて奇妙な満足感を得る、梶井基次郎の短編小説「檸檬」を思い出しました。

 

No.5
Rimg0232
うわぁー、こ、これは一体・・・!? この姿、東京マラソンだから笑って見てられますが、薄暗い公園とかで不意に見たら、ゴルゴ13だって腰を抜かすと思います。 すごいなあ。

 

というわけで、顔を塗ることの威力を堪能して頂けましたでしょうか? 来年もまた多くの顔を塗った仮装ランナーが出場されることを期待しています。ありがとうございました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年東京マラソン仮装ランナー その9 一緒に仮装してます

一人でも十分インパクトのある仮装ランナーですが、ペアやグループになると威力倍増です。二人以上で一緒に仮装しているランナーを集めてみました。

 

No.1
Rimg0060
沿道の人とハイタッチしながら走る派手なタンクトップの宇宙人ペア。視覚障害の方と伴走の方のペアですが、沿道の僕達が彼らの仮装を見て楽しんでいることはきっと伝わっただろうと思います。

二人の背後にいる田吾作(?)の格好のランナーもいい味出してますね。

 

No.2
Rimg0100
うまい棒ペア! 去年は一本だったけど、今年は2本に増えました(笑)。当たったのかな? 来年は3本?

 

No.3
Rimg0129
残念ながら後ろ姿しか撮れなかったけど、サントリー角瓶の大瓶小瓶ペア。これはアイデア賞ですね! とっても目立ってました。

 

No.4
Rimg0146
おー、なんともド派手なピンクの衣装に身を包んだ女性ペア。けど、いったい何の仮装なんだろう? 戦隊ものっぽいコスチュームだけど、モモレンジャー?

Rimg0147
実はペアではなく、もう一人いてトリオだったようです。強烈っ!

ピンクトリオの前にも、ド派手なレインボーアフロにピンク水玉の衣装をまとったランナーがいるし、後ろにもピンクの動物系かぶりものを被ったランナーがいるし、ピンク系のランナー同士、何か惹かれあうものがあるのでしょうか?

 

No.5
Rimg0159
おぉぉ! カラフルな忍者ペア。外国から日本に来た人が見たら大喜びしそうですね。よく見ると、柄はキティちゃんだし。すごいなー、手作りなのかなあ。

 

No.6
Rimg0175
Tシャツの胸に書かれた「なんちゃって」の文字が人目を引く、なんちゃってペア。いい味出してますねー。

 

No.6
Rimg0204
ははは。これもアイデア賞ですね。沿道から「親父頑張れ」「息子頑張れ」とたくさん声援が飛んでいました。なんか声掛けやすいですもんね。

 

No.7
Rimg0275
バレリーナのようなピンクのひらひらが素敵な女性ペア。楽しそうだなあ。

 

No.8
Rimg0277
この方たちは仮装ランナーではないのかもしれないけど、揃いのコスチュームでとっても目立っていたので、仮装ランナーとして紹介させていただきました。後ろの二人の男性は揃いのカツラで女装しているようにも見えるし、そうでなく普段からそういう風だと言われればそうとも見えるし、どっちなんだろう? 

 

No.9
Rimg0301
これまた派手だなあ。この方たちも仮装ランナーではないかもしれないけど、ペアのせいか、とても目立っていたので、仮装ランナーとして紹介させていただきました。

No.10
Rimg0306
ははは。これ、いいなあ。青鬼トリオ。子供を叱るときとか、このコスチュームを着てから叱れば、効果倍増ですね!(「着なくても十分怖ぇよ・・・」というお父さんの声も聞こえてきそうですが(笑))

 

No.11
Rimg0314
おー! 圧倒的に大勢のガッチャマンもどきの仮装集団です。団体名称は忘れましたが、東京で開く国体の世話をしている方々のようでした。

 

No.12
Rimg0324
ははは。脱獄囚とそれを追いかける警官チームの仮装ランナーです。楽しそうなあ。

 

No.13
Rimg0340
最後は残念ながら後ろからしか撮れなかったけど、ナスビのペアです。女性ランナーだったと思いますが、後姿だけでもかわいらしさが感じられますね。

 

一人で仮装するのは恥ずかしいけど、チームで仮装したら楽しいかも。そう思って来年は東京マラソンに仮装して参加しようって思うランナーが増えることを期待しています! 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

2012年東京マラソン仮装ランナー その8 うっふん系

毎年楽しみにしている、ちょっと変態チックなランナー達です。こういう人たちが職場にいたら楽しいだろうなあと思います。まとめて見ると、ちょっとお腹いっぱいになるかもしれませんが、どうぞ!

 

No.1
Rimg0008
メイドです。かなり前の方を走っておられたランナーで、まだアスリートとしての雰囲気の方が勝っていますね。

 

No.2
Rimg0014
バニーちゃん。ピンクの色がなまめかしいです。

 

No3.
Rimg0018
白鳥です。頭部だけでなく、股間にも白鳥がついているところが、変態っぽさを盛り上げています。

 

No.4
Rimg0022
メイド2。白いフリルがかわい...くはないですね(失礼)。メイドの格好をしていても隠しきれない、男の力強さを感じます。

 

No.5
Rimg0027
『うる星やつら』のラムちゃん。胸元がセクシーです。 『うる星やつら』おもしろかったなあ。僕の中では、これまで読んだ中で一番笑える漫画です。バトルがないのがいいです。

 

No.6
Rimg0054
白鳥2。やはり股間にも白鳥がいるのが後ろから少し見えます(笑)。煩悩を捨て去るのを目的とする、背中に書かれた「ぜん(禅)」の文字と、煩悩そのもののような白鳥のコラボがおもしろかったので、紹介させてもらいました。

 

No.7
Rimg0058
おー、これはレア。チャイナドレスです。レインボーアフロとカラフルメガネも効いてて、華がありますね。

 

No.8
Rimg0079
金髪メイド。実直そうなメガネがいいですね。

 

No.10
Rimg0081
本格的バニーちゃん。力強いランニングフォームです。

 

No.11
Rimg0108
ショーガール? 迫力あるなあ。よくぞ外国から参加して下さいました。

 

No.12
Rimg0110
レディー・ガガ(多分)。 楽しそうだなあ。

 

No.13
Rimg0114
これもメイドでしょうか? 紫のウィグがいいですね。

 

No.14
Rimg0124
女装ではないかもしれませんが、女の子っぽいコスチュームということで、うっふん系に入れさせてもらいました。小物もかわいいですね。

 

No.15
Rimg0132
こ、これは。女装であることは確かなんだけど、どういうコンセプトなんだろ? 制服のようなそうじゃないような...。

 

No.16
Rimg0135
これは強烈! 勇気ある参戦に感謝します。

 

No.17
Rimg0138
ミニーちゃん。去年もミニーちゃんで参加された方がいましたが、今年は手が巨大化してます。

 

No.18
Rimg0161
ペアで威力も倍増してますね。おもしろいなぁ。

 

No.19
Rimg0232
男性と女性のペアですが、男性の女装の印象が強烈だったので、ここで紹介させていただきました。楽しそうだなあ。僕もやってみようかなあ。

 

うっふん系の仮装ランナーは東京マラソンには欠かせませんね! ランナーの皆様、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年東京マラソン仮装ランナー その7 これはいったい何なのだろう?

続きましては、確かに個性的でおもしろいんだけど、いったい何なんだろう?とモヤモヤする、ある意味ツッコミどころ満載な仮装ランナーたちです。

 

No.1
Rimg0009
西洋の中世の人のようにも見えるし、千利休のような茶道関係の人のようにも見えるし、しかも高速の走りだったし、何なんだろう?

 

No.2
Rimg0020
ヒーローであることは確かだと思うんだけど、見たことないし、何なんだろう?

 

No.3
Rimg0066
日の丸に日本代表とあるけど、いったい何の日本代表なんだろう?

 

No.4
Rimg0070
走りづらいだろうに、あんな大きなのぼりを立ててるけど、何ののぼりなんだろう? オレンジの字は「Never Give」まで読めるから多分、「Never Give Up」だけど、黒い文字は「Travel」しかわからないなぁ・・・。旅行でNever Give Upって、どういうこと?

 

No.5
Rimg0092
海賊のような囚人のような、いったい何なんだろう? はまかぜさんのブログ(東京マラソン2012その4)でも、同じランナーの紹介に、「何の仮装だったかパッと出てきません。分かる方がいたらよろしくお願いします。」とあったので、結構ナゾみたいです。

 

No.6
Rimg0101
この黄色のかぶりものは、いったい何なんだろう? オリジナルキャラかなあ? 書いてある文字も「ル レクチエ」と読めるけど、どういう意味なんだろう?

 

No.7
Rimg0131
白熊のかぶりものに、新撰組みたいな色使いの着物の片肌を脱いで、サングラス。謎だ。どういうコンセプトなんだろう?

 

No.8
Rimg0134
鹿の着ぐるみのようにも見えるし、鹿狩りを生業にする猟師のようにも見えるし、何なんだろう? 顎ひげも重要なファクターなのかなあ? 背負ってるリュックには何が入っているんだろう?

 

No.9
Rimg0149
こ、これは?! 仮面舞踏会でつけるようなマスクと、遊園地でよく見る風船がなぜ同じ人の上に集結してるんだろう? そして輝く「ラフォーレ」の文字。 いったい、この格好のどこが「ラフォーレ」なんだろう? 謎すぎます。

 

No.10
Rimg0163
この長いオレンジの虎柄のものは何なんだろう? 確かに目立つけど・・・。両端部が手袋みたいになってるけど、あそこに手を入れるのかなあ? ひょっとして長い胴体部は首に巻きつけるマフラー? 首に巻いて両端部の手袋に手をいれて両手を横に広げたら、首が締まってしまうような気もするけど・・・。

 

No.11
Rimg0166
晩秋の紅葉を感じさせる彩りは確かにハイセンスだと思うんだけど、このひらひら具合はマラソン用のウェアではないから、カテゴリー的には仮装ランナーに入ると思うんだけど、いったい何の仮装なんだろう? 自由すぎる・・・。

 

No.12
Rimg0212
仮装ランナーであることは確かだと思うんだけど、いったい何の仮装なんだろう? そもそもこの二人はチームなんだろうか、それとも、たまたま正体不明な二人が横並びになったんだろうか...謎です。

 

No.13
Rimg0213
楽しそうに沿道の人とタッチされてますが、いったい何の仮装なんだろう? 左右に突き出している部分は手に、下方に突き出している部分は足のようにも見えるけど、こんなキャラクターいたっけ? まあ、楽しそうだからいっか。

 

No.14
Rimg0214
角が生えてるけど、いったい何のかぶりものなんだろう? 色使いやピンクのひらひらからすると、女性用のかぶりもののようにも思えるけど。

 

No.15
Rimg0215
本体部の色使いはアンパンマンに似てるけど、頭部に葉っぱがついてるし、いったい何なんだろう??

 

No.16
Rimg0265
トナカイか鹿のような角がついてるけど、頬から突き出た多数のピンクの触手は海の生物のようでもあるし、いったい何なんだろう?

 

No.17
Rimg0285
ぐるっと頭部を覆うピンクの布団は、空襲時に避難するとき被る防災頭巾のようでもあるし、首周りを飾る葉っぱとの関連から考えると花を表しているようにも思えるし、いったい何なんだろう? きれいであることは確かだけど・・・。

 

No.18
Rimg0297
気合を感じさせる「必勝」のハチマキと、人を脱力させるイヌ鼻は、方向性が真逆だと思うんだけど、それが一人のランナーの頭部に仲良く同居するところが、人間の奥深さです。

 

No.19
Rimg0307
瑞々しい野菜のようなフレッシュな印象であることは間違いないのですが、いったい何なんだろう? 上側の白は大根かカブ、下の赤は苺かトマトのように思えるけど、頭部の緑は茄子のヘタのようにも見えるし。。。謎です。

 

No.20
Rimg0317
うーん、ツッコミどころありすぎで、どこにツッコンでいいのか。まず、「幸せになってね」という、僕なんかの世代だと、敏いとうとハッピー&ブルーのヒット曲『わたし祈ってます』を連想するメッセージですが、東京マラソンの沿道の人たちに向けるメッセージとしてはどうなんだろう? 「幸せになってね」と云われても、「まあ、なれるもんならなりたいけど・・・」って思うだけだし・・・。 そして、左半分が花柄の上羽織。これは手作りなのでしょうか? 奇抜です。でも、ランナーの方がとても爽やかな笑顔で、沿道からもたくさん声援が飛んでいたので、よしとしましょう。

 

No.21
Rimg0342
最後は、この方。なんか前にテレビでも紹介されていたような気がしますが、走りながら映像を撮影してランナーから見た東京マラソンの光景を記録している人です(多分)。でも、なんかそのためには不要な色んなものがたくさんついてますね。体中につけられた風車はいったい何なんだろう? あれで風力発電してデバイスに電力供給しているというわけではないでしょうに・・・。

 

こちらの勝手な思い込みなど誤解もあるかもしれませんが、なにはともあれ大変楽しませて頂きました。ランナーの皆様ありがとうございました。

 


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

2012年東京マラソン仮装ランナー その6 なぜその格好を?

思わず、「いったい、なぜその格好を?!」と聞きたくなるような個性的な仮装ランナーの方々です。

No.1
Rimg0030
徳利です。お酒がお好きなんでしょうねー。妖しげなメガネもナイスです。

 

No.2
Rimg0042
サンタさん。この季節にいったいなぜ?

 

No.3
Rimg0056
昭和のおかあちゃん。もんぺに割烹着が懐かしい雰囲気を醸し出してます。背中におぶった赤ちゃんもいいですねー。

 

No.4
Rimg0106
ボウリングのピンです。おもしろいなあ。しっかりした素材のようですが、手作りでしょうか?

 

No.5
Rimg0130
おー! これはタイムリー。ウェアラブルなiPhone。今の時代を象徴する仮装ですね。

 

No.6
Rimg0148
鎧武者です。沿道から矢が飛んできたりしても平気ですね。飛んでこないけど。

 

No.7
Rimg0152
胴体は缶ビール、頭部はジョッキです。んー、旨そう。「おいしいビールが待ってるヨ~」という背中のメッセージもいいですね。後ろで走っているランナーはこれを見て元気が出ることでしょう。

 

No.8
Rimg0193
ははは。トイレです。頭部のう○ち帽子がすごいインパクト。掃除用のスッポンってやるやつや、トイレットペーパーなど、小物も凝ってますね。腰にぶら下げたプラカードには、猪木の台詞とおぼしきメッセージが書き込まれているけど、いったい何なんだろ?

 

No.9
Rimg0217
サッカーボールおじさんです。おもしろいなぁ。相当走りにくいと思うけど、見事ゴールを決めることはできたのでしょうか? 疲れたら転がっていけるといいですね。

 

No.10
Rimg0218
巨大な風車です。走りにくそう...。これはやっぱり、風力のような再生可能エネルギーへシフトしていこうというメッセージがこめられているのでしょうか? すぐに全面的に再生可能エネルギーに移行というわけにはいかないと思いますが、日本が世界一の持続可能なクリーンエネルギーの国になるように、道筋をつけていきたいものです。そのためなら、多少電気料金高くなってもいいと個人的には思ってます。

 

No.11
Rimg0234
なまはげ。秋田県から東京マラソンに参加です。秋田ケンミンの心のどこかには、なまはげに怯える気持が残っていて、悪いことをするとなまはげが来るからやめとこ、なんて思ったりするのかなあと思います。

 

No.12
Rimg0263
野菜です。色使いのせいでしょうか、みずみずしさいっぱいですね。

 

No.13
Rimg0281
サンタ、アゲイン。プレゼントの入った大きな袋を背負って、子供達の待つゴールに向かってひた走ります。仮装ランナーを紹介している他のサイトで見たのですが、この方、女性ですよね。その根性と体力に脱帽です。

 

No.14
Rimg0282
獅子舞です。ニッポン伝統の唐草模様が粋ですね。

 

No.15
Rimg0286
これも日本人には馴染みの深い天狗です。みんなが携帯端末を持つ世の中になっても、天狗は不滅ですね。

 

No.16
Rimg0294
これまた日本の伝統、ひょっとこです。そのユーモラスな雰囲気はもはや日本人の遺伝子の一部でしょう。この姿を見たら、日本に敵意を持つ外国人はいなくなるのでは、とすら思います。

 

No.17
Rimg0348
最後は、三度笠の旅人です。粋だなあ。最近は紫外線は肌によくないということで、男の自分も日傘をさしたいと思うのですが、どうも女性っぽくて恥ずかしいし、手がふさがるのが煩わしくて実行するには至っていません。三度笠が流行ってくれるといいんだけどなぁ。

 

今年も想像を超えるいでたちに大いに笑わせて頂きました。ランナーの皆様、ありがとうございました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

2012年東京マラソン仮装ランナー その5 タワーです

2月29日に完成し、5月22日開業する東京スカイツリーのおかげで、今年はタワーをテーマにした仮装ランナーがたくさんいましたね。

No.1
Rimg0010
まずは、まだまだ根強い人気のある東京タワー。さすがバランスのとれた美しい姿でランナーの頭上にしっかりと建ってます。

 

No.2
Rimg0096
東京タワーと東京スカイツリーのコラボを帽子の上で実現してます。

 

No.3
Rimg0103
真紅の色からして、東京タワーですよね。 全身でタワーになってて、仮装にかける意気込みを感じます。

手前の真っ赤な忍者の方の存在感もなかなかですが、後ろの東京タワーのランナーとお仲間なんでしょうか?

 

No.4
Rimg0120
東京スカイツリーのかぶりものです。このかぶりものを被った仮装ランナー、たくさんいらっしゃいましたね。最新技術の粋を集めて作った最先端のツリーなのに、「下町ツリー」の愛称が庶民的でいいです。

 

No.5
Rimg0142

上のランナーと同じ下町ツリーのかぶりものですが、スカイツリーの前掛けと手に持ったミニチュアスカイツリーの3点セットで、スカイツリーラブを強烈にアピールされています。かぶりものの上から巻いたハチマキもいい味出してます。

 

No.6
Rimg0157

東京タワーのかぶりものですが、なんかデザインが独特ですね。ツリーの脚部を肩で支えるデザインで、安定感があります。

 

No.7
Rimg0179
おー、これは巨大なスカイツリー。しかもツイン! 強烈な存在感でした。

 

No.8
Rimg0181
上のツインタワーのランナーを横から撮ったら、その向こうにさらにタワーが!
東京スカイツリーが完成する今年の東京マラソンならではの光景ですね。

 

No.9
Rimg0196
これはまたオリジナリティー溢れるデザインですね。下町感いっぱいです。素晴らしいなあ。

 

No.10
Rimg0260_2
これもまた素晴らしい。頭上のスカイツリー、高いですね!

 

5月22日のスカイツリー開業、待ち遠しいですね。今年の東京は、ゲートブリッジはオープンしたし、東京駅のリニューアルも完成するし、なんか新しいことがどんどん始まって、わくわくします!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年東京マラソン仮装ランナー その4 どうぶつ系

これも定番。どうぶつ系の仮装ランナーです。

No.1
Rimg0008
まずは、お馬さん。この方は、まさに馬のように、かなり高速の走りをみせておられました。

 

No.2
Rimg0025
なんかわからないけど、怪獣の着ぐるみです。暑いだろうに、この方もかなり前の方を走っておられました。

 

No.3
Rimg0031
なんかもう、全身からほとばしるエネルギーがすごいです。

 

No.4
Rimg0035
手に持ったバナナがいいですね。本物のお猿さんのように、とっても軽快。

 

No.5
Rimg0087
残念ながら後ろから一部しか撮れなかったけど、とっても目立っていた全身虎柄ランナー。

 

No.6
Rimg0093
お猿さん2。 こちらはなんだかパワフルな感じですね。

 

No.7
Rimg0095
おー! これはセクシーなキリンさん。素晴らしいですね。

 

No.8
Rimg0155
これもセクシー。夜の蝶という感じでしょうか。ドレスのようなウェアがカッコいいです。

 

No.9
Rimg0160
大人気のパンダの着ぐるみ。 鼻の頭を黒く塗ってるのがキュートです。

 

No.10
Rimg0168_2
ほのぼの感いっぱいのクマのプーさんの着ぐるみ。タスキに書かれているように見る人を笑顔にしますね。

 

No.11
Rimg0173
えっと、何の動物か僕にはわかりませんが、かわいいのでOKです。

 

No.12
Rimg0185
ペンギンの着ぐるみです。子ペンギンを抱っこしてるのがかわいいですね。

 

No.13
Rimg0197
おー、これはレア。干支にちなんだのでしょうか、竜の着ぐるみです。ほっぺのピンクのグルグルがアクセントとして効いてます。

 

No.14
Rimg0260
おー、これは、僕の中で最近ブームになっている、夕張市のゆるくないキャラクター、メロン熊ではないですか! こんなところで出会えるとは、感激です。 夕張市がこのメロン熊とともに盛り上がっていくことを祈っています。ところで、メロン熊グッズ、東京で買えるところないのかな?

 

No.15
Rimg0289
おー、これはなかなか完成度の高い蝶の着ぐるみですね。作りが丁寧だなあと思います。

 

No.16
Rimg0336
最後は河童です。どこかの地方のゆるキャラかなあ?

後ろから見ると、こんなです↓
Rimg0337
背中の籠には何が入っているんだろ?

 

どうぶつ系の仮装は、ほのぼのしていいですね。
ランナーの皆様、ありがとうございました。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年東京マラソン仮装ランナー その3 何か乗っけてます

被っているというより、乗っけてるって感じの仮装ランナー達です。

どうぞ!

No.1
Rimg0011
トラック乗っけてます。全体的なアスリート系の雰囲気に全くなじんでいないトラックが素晴らしいです。

 

No.2
Rimg0012
かわいいお魚さん。ニモかな? どうやって帽子に固定してるんだろ? 奥さんに縫ってもらったのでしょうか?

 

No.3
Rimg0023
ちょっと写りが悪いですが、滋賀県彦根市が誇る人気キャラクターひこにゃんですね。滋賀ケンミンでしょうか?
 
 
No.4
Rimg0033
税務署のマスコットキャラ、イータ君ですね。そういえば、確定申告しないと。
 
 
No.6
Rimg0050_2
ピンクの羽付き子豚。メルヘンチックですね。
 
 
No.7
Rimg0052
ペアで乗っけてます! 子豚と亀。 どうしてこういう選択になったんだろ? おもしろいなあ。
 
 
No.8
Rimg0053
ディズニーのキャラクター、グーフィー。お子さんのを付けてもらったのかな? ランナーの方も楽しそうです。
 
 
No.9
Rimg0055_2
頭じゃなくて、肩に乗っけてみました。どこかで見たような気がするけど、何のゆるキャラだっけ?
 
 
No.10
Rimg0057
ガチャピン、乗っかってます、というか、しがみついてます。ガチャピンがしがみつきやすいような髪型になってるんですねー。
 
 
No.11
Rimg0059
この色とりどりの風船でできた飾りは、いったい何と呼べばいいのでしょうか? 世界に一つのオリジナル品であることは間違いないでしょう。
 
 
No.12
Rimg0061
こ、これは・・・。 頭にただ乗せてバランスをとりながら走っているのか、それとも頭部に直に固定されているのか、いずれにしても常人のなせる技ではありません(笑)。ランナーの方の何かに挑むような厳しい表情からすると、前者でしょうか?
 
 
No.13
Rimg0064
これは乗っかってるというより、頭上に浮かんでいるわけですが、どうやら天使の輪のようです。
 

Rimg0065
後ろからみると、この通り羽も生えてます。
 
 
No.14
Rimg0066
この方の頭の上に乗っかってるのは、単なるバルーンではなく、福島へのメッセージ入りです。
 
今回の東京マラソンでは、震災と原発事故で大きな被害を受けた東北、とりわけ福島へのメッセージを発信されているランナーの方をたくさん見ました。ほんと、一日も早い復興を願わずにはいられませんね。
 
 
No.15
Rimg0074
こちらは陽気な飛行機野郎。アロハも素敵ですね。
 
 
No.16
Rimg0150
ガチャピンなのでキャラクター編に入れようかとも思ったのですが、頭に乗っけてるムックがわいかったので、こちらで紹介しました。
 
 
No.17
Rimg0199
こ、これは斬新! まさかスターバックスのカップの仮装が出るとは思いませんでした。
スタバが大好きなんでしょうね。 ところで、頭上のラテ(?)はどうやって頭についてるんだろう?
 
 
No.18
Rimg0235
ははは。ピカチュウ載せすぎです。どういう経緯でこういう格好になったんだろ? ぜひお話を伺いたいものです。
 
 
No.19
Rimg0237
チームで載せてます。ランナーの苦労をよそに、各人の頭上でそれぞれのスタイルでリラックスしてる熊ちゃん達がかわいいですね。
 
 
No.20
Rimg0346
そして、乗っけものの最後を飾るのはこのお方。 どーです、この圧倒的な存在感。これを乗っけて42.195km走り切るのは相当の根性が必要でしょう。
 
 
来年もびっくりするような乗っけものを期待しています。ありがとうございました。
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年東京マラソン仮装ランナー その2 かぶりもの編

続きましては、仮装ランナーの基本、かぶりものです。

No.1
Rimg0004
トップバッターは、定番中の定番、パンダのかぶりものです。この方は、僕が撮影した地点では、仮装ランナーの中でトップを走っていて、相当よい記録でゴールされたのではと思います。

 

No.2
Rimg0034
続きましては、達磨のかぶりもの。周囲を和ませる達磨パワーは時代を越えて普遍ですね。

 

No.3
Rimg0045
これも定番、カニのかぶりものです。美味しそうに茹で上がったカニのオレンジの色が人目を引きます。
 

No.4
Rimg0050
これも大人気、プリンのかぶりものです。トッピングのクリームとさくらんぼがキュートです。

 

No.5
Rimg0051
去年はあまりみかけなかった気がするけど、今年はたくさんみかけたおにぎりのかぶりものです。マラソンを走り切った後に食べるおにぎり、美味しいだろうなぁ。

 

No.6
Rimg0055
鮮やかな黄色が大変目立つバナナのかぶりもの。ウェアも黄色で、全身にバナナ感が溢れてますね。

 

No.7
Rimg0056
上のバナナの方とは別のバナナ・ランナーです。バナナのかぶりものは、苦しくなると前を開けられるシステムのようです(笑)。

 

No.8
Rimg0063
アフロランナーはたくさんいましたが、これだけ派手だと、やっぱり紹介したくなります。胸の蝶ネクタイが効いてますね。

 

No.9
Rimg0067
こちらも大変華やかなレインボーアフロランナー。ウェアの色とアフロの色が調和していて、全体としてフワリとした雰囲気となっているところに、女性ならではのセンスを感じます。

 

No.10
Rimg0070
これもアフロと言えばアフロですが、雷様です。寅柄のパンツが素敵です。

 

No.11
Rimg0072_3
これは、アフロがビールの泡になっちゃいました。素晴らしいアイデアですね!

 

No.12
Rimg00080
これはレアな蜜柑のかぶりもの。「えひめ」の文字が輝いてますね。ランナーは愛媛ケンミンなのでしょうか?地元PRとか、いいですよね。

 

No.13
Rimg0098
これもレアなお魚さんのかぶりもの。手作りかなあ? パカッと口を開けたお魚さんの表情が、ユーモラスですね。

 

No.14
Rimg0159
去年の今頃、全国の小学生にランドセルを配って大いに世間の話題になっていたタイガーマスク。今年はどうなんだろう?

 

No.15
Rimg0184
今年もいました、大仏です。こけた頬に苦行の厳しさを感じます。

 

No.16
Rimg0259
達磨様アゲイン。ウェアまで真っ赤っかで、強烈なインパクトだったので、載せてしまいました。

 

No.17
Rimg02591
今や、ひこにゃんをしのぐ勢いを見せる熊本が誇るゆるキャラ、くまモンです。

なんか今、ゆるキャラ界はカンブリア爆発みたいに続々と新種が現われて大変なことになっているようですが、どんどん東京マラソンにも進出してきて欲しいものです。

 

No.18
Rimg0266
派手やなあ! 横に突き出た風船がフェスティバル感を盛り上げてますね。

 

No.19
Rimg0302
サンバイザー付き王冠というのは、全国にもこれ一つではないでしょうか?

 

No.20
Rimg0355
最後はこの方。仕事一筋の実直そうなお顔と、自由の女神風冠のミスマッチが素敵です。東京マラソンならではの光景ですね。

仮装ランナーの皆様、今年も楽しませていただき、ありがとうございました。

 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »