« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年7月 8日 (日)

乃木坂46 7月7日 全国握手会&ミニライブ

久々の更新になってしまいましたが、このところ、ずっと乃木坂46が一番の関心というか、毎日の楽しみです。

 
『乃木どこ?』の生駒ちゃんの買い物の回や、日村さんに手料理を振る舞う回、ほんとにおもしろくて、何度も見返しています。

 
『乃木坂浪漫』も毎回録画して見てます。柏幸奈ちゃんとか、あしゅりんとか、和田まあやちゃんとか、アンダーメンバーの回も、よかったなあ。

 
さて、昨日は、そんな乃木坂46の全国握手会&ミニライブが幕張であり、行ってきました。僕は東京の西の方に住んでいて、幕張まで1時間半以上かかるのですが、早起きして行ってよかった! 以下、初めて行った全国握手会&ミニライブの感想を思いつくままに書いてみました。

■ミニライブ

 
・ゆみねえとみさみさのMCがよかった!

 ライブのMCはゆみねえとみさみさのコンビだったけど、安定感抜群で、安心してライブを楽しめました。ゆみねえは、『乃木ここ』のボウリングを見てても思うけど、MCやってるときすっごく生き生きしてて、見てて楽しいなあって思います。
 

・乃木坂メンバーは、みんな声がきれい!


 ライブ中は、七夕にまつわるエピソードをメンバーに聞いたり、メンバー全員の自己紹介があったりしたけど、どのメンバーも声がきれいで、僕の位置(Bブロックの真ん中辺)からはステージ上のメンバーの表情などはよく見えなかったけど、声を聞いてるだけで、いい気分になりました。

・生ちゃんの「得意料理はカツ丼」に吹いた!

 生ちゃんが、自己紹介で、好きな食べ物はうどん、に続いて、得意料理はカツ丼って言ってたのがツボでした。この間の『乃木どこ?』では、豚肉と鶏肉を間違えて、カツ丼を作るはずが、親子丼作ってたくせに・・・w。

・まいやんの七夕の願いごとは、「ヘタレをなおしたい」

 まいやんは、ヘタレをなおして、泣かないようになりたいって、お願いしたそうです。で、僕の願いは、「まいやんのヘタレがなおりませんように」です。『乃木どこ?』の生駒ちゃんの買い物の回で、まいやんが日村とのアッチ向いてホイ対決で瞬殺されて、その場にへたりこんで、「オトナ気ないよー!」と涙を流すシーン、おもしろすぎでした。ヘタレじゃなくなって、ああいうシーンが見られなくなるのは、淋しいので、ずっとヘタレでいて欲しいです。
 

・べびたんの新しい自己紹介のコール&レスポンスは叫び易かった

 べびたんこと伊藤万理華ちゃんが、新しい自己紹介のコール&レスポンスを導入しました。「伊藤万理華はぁ?」って会場に振ったら、「童顔!」って返すんだけど、それまで声を出すのを躊躇してたような人(自分もそうですが)も、このときばかりは大きい声で「童顔!」って言ってたように思いました。なんか言い易いんですよね。ただ、「童顔!」の声が大きくて、その後の万理華ちゃんの声(多分、「でも大人だもん。伊藤万理華です」って言ってたんだと思う)が、かき消されていたように思いましたww。

・乃木坂には17歳がいっぱい!

 ななみん、まいやん、さゆりん、みさみさ、そしてゆみねえ、みんな17歳だそうですww。 特に、ゆみねえは、「永遠の17歳はゆずらないよ!」と叫んだり、本当の年齢の「22歳」を口にするときは小声になったり、おもしろかったな。
 

・HTCJのCMの撮影エピソードがおもしろかった!

 HTCJのCMで、大縄跳びを跳ぶバージョンがありますが、ななみん、かなりんは結構引っ掛かっていたそうです。一番引っ掛かっていたのは、せいたん。んー、なんとなくわかる。 『乃木どこ?』の体力測定の回を思い出しました。
 

 意外だったのは生駒ちゃん。一番前でロープの端っこに近く、高くジャンプしないといけない位置だったにも関わらず、あまり(全然?)引っ掛からなかったそうです。さすが(少年)ジャンプにはこだわりのある生駒ちゃん。
 

 ゆみねえも頑張ったらしく、「私も、全然引っ掛からなかったよ」ってアピールしてたけど、それに対するみなみちゃんの「ゆみねえ、年の割りに頑張ってたよね」の一言が強烈で、吹きました。ゆみねえから、「後で楽屋で・・・」とか言われてたけど、みなみちゃん、無事だったかな?
 

・『ハウス』と『狼に口笛を』の踊りがかっこよかった!


 この間の『乃木どこ?』でスタジオ収録が披露されていましたが、、『ハウス』と『狼に口笛を』の踊りがダイナミックでかっこよかったです。乃木坂メンバーって、ああいう激しい踊りもいけるんですね。
 

・サプライズの3rdシングル『走れ! Bicycle』がとてもよかった!

 色んなところで取りあげられていますが、ミニライブの最後に3rdシングル『走れ! Bicycle』の初披露がありました。僕は、七夕のサプライズって、メンバーの浴衣姿かなって思ってたので、3rdシングル発表には、ほんとにびっくりしたし、その場に居合わせてよかったって思いました。
 

 曲は桜井キャプテンが曲後に言っていたように、アップテンポでノリがよく、とてもいいと思いました。僕の周りの応援慣れした(?)ファンの方は、早速曲に合わせて「おーー、お!」と掛け声を入れたり、ジャンプしたりしていました。
 

 衣装は、きらきらのスパンコールできれいですが、僕のように昭和世代の人は、多分、ピンクレディーを思い出したんじゃないかと思いますw。生駒ちゃんの昭和歌謡っぽいソロ曲『水玉模様』といい、昭和世代の人も乃木坂46のターゲットの一部として意識してくれてるんだとしたら、ちょっと嬉しいところではあります。
 

・ステージからはけるとき生駒ちゃんが深々と礼をしていた! 

 3rdシングルの披露が終わって最後にステージをはけるとき、生駒ちゃんが深々とかなり長い間会場に向かって礼をしていました。なんか、センターとしての責任感のようなものも感じて、益々生駒ちゃんへの好感度が増しました。ほんと、いい子だよなあ。
 

■握手会
 

 僕が行ったのは、第4レーン(生駒ちゃん、せいたん、ゆみねえ)と、第2レーン(ななみん、まあや、せいらりん)だったのですが、両方とも楽しかったです。

・生駒ちゃん、かわいすぎ

 最初に握手をしたのは、生駒ちゃん。間近で見ると、ちゃんとお化粧していて(当たり前か)、目鼻立ちがくっきりしていて、ほんとにきれいでした。僕は言葉を失って、もごもごしてるうちに、移動をうながされて(はがし、というららしいです)、慌てて、「乃木坂浪漫の津軽の朗読すっごい好きです。あの『愛ごくてのう』っていうやつ」とだけ言うのが精一杯でした。もっと他に言いたいことあったのに、と思うけど、まあ、生駒ちゃんに会えただけで大満足です。
 

・生駒ちゃん以外のメンバーもみんなかわいかった!

 せいたんは、顔ちっちゃくてお人形さんみたいでした。思わず「顔ちっちゃいね」って言うと、「そんなことないです」と照れて両手で顔を覆うんだけど、その仕草がまたかわいくて、いい子だなあって思いました。ゆみねえも、思っていたよりずっと小柄で、かわいかったです。MCとてもよかったってことと、ぐるぐるカーテンのときの個人PVで子供と遊ぶのがすごくよかったってことを伝えたら嬉しそうに笑ってくれて、ブースを出ても、身を乗り出して手を振ってくれて、嬉しかったなあ。
 

 ななみんは、ほんと綺麗で、最近毎日更新宣言をしたブログについて「ブログとかあまり無理しないでね」と言ったら、「大丈夫だよ」って答えてくれました。ななみんの隣の和田まあやちゃんが、またかわいくて、ななみんと同じように輝いて見えました。あの子、どんどんかわいくなっている気がします。そして、最後の握手となったせいらりん。他のメンバーよりもぎゅっと強く握ってくれて、さすが、神対応って言われることはあるって思いました。せいらりんも、ゆみねえと同じように、ブースを出ても「また来てね」って手を振ってくれて、僕はその後、ブースを離れても、顔がにやついて仕方ありませんでした。
 

 CD買えばこうしてアイドルに会いにいけるなんて、いい時代になったものです(アイドルにとっては、大変な時代になったと言えるかも)。
 

・第1レーンと第2レーンの列が長かった!

 今回はどのレーンも列が途切れることはなかったようですが、第1レーンと第2レーンの列の長さはすごかったです。僕が最初に並んだ生駒ちゃんのいる第4レーンも折り返しが二重にできてて、かなり長かったけど、第1レーンと第2レーンは、外に溢れてる感じでした。
 

・折り返しがあるのは嫌ではなかった

 折り返すところで、これから握手するメンバーの様子が見れたり、隣のレーンのメンバーの様子が見れたりして、楽しかったです。第2レーンの隣の第3レーンでは、さゆりん、本当にぴょんぴょん跳び跳ねてて、いつかは行ってみたいなと思いました。ろってぃーもかわいかったし、せいさん(せいちゃん?)はシュッとしててかっこよかったです。第4レーンの隣の第5レーンでは、生ちゃん、万理華、ひなちまの可憐な姿を垣間見ることができました。

■弱冠の苦言や提案など

・会場は、いっしょに振りをするには、混みすぎ

 『乃木坂の詩』では、会場でも一緒に振りをしてねって感じで、桜井キャプテンによるレクチャーもあったのですが、会場は混みすぎで、手を動かせるスペースがなかったので、この辺は改善点かなと思いました。

・大型モニターを設置して欲しい

 会場はフラットで背伸びしても前の人の頭に隠れてメンバーの表情など細かいところは見えないので、大型モニターがあったらなと思いました。運営ブログの写真入りレポートで、登場時や3rdシングル披露終了時に感極まって涙ぐみメンバーがいたことを知り、そうだったんだと感動を新たにしましたが、大型モニターがあって、その場で知ることができたら、もっと感動していたのに、と思います。
 

・入場から開演までが長すぎ

 僕が会場についたのは9時ちょっと前。で、入場して、ライブが開始されたのは11時。その間2時間ぐらいほとんど立ちっぱなしで、疲れました。僕は根性がないので、途中、地べたに座り込んだときもあったけど、ずっと立ってる人もいました。ライブ見るのってこんな体力いるんだって思うとともに、なんとかならないものかな、と思いました。
 

・サイリウムを会場で売って欲しい

 生ちゃんが、ライブの最後の方で感想を聞かれて、「乃木坂カラーのサイリウム(ペンライト)が天の川みたいで綺麗だった」って言ってて、そんなにメンバーが喜ぶんだったら、こっちも盛り上がるし、サイリウム欲しいなって思いましたが、あれ、どこで売ってるんだろ? 会場で売ってくれたら、助かるのにって思いました。 ただ、昨日のようなフラットな会場だと、前の人がサイリウムをかざすと、ステージが見にくくなってちょっと困るということはあるな、とも思いました。
 

とまあ、改善した方がいいかなという点もなくはありませんでしたが、全体としては大満足のミニライブ&握手会でした。乃木坂46のメンバー、運営の方々、ありがとうございました。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »