« 2013年東京マラソン仮装ランナー | トップページ

2016年3月21日 (月)

パナソニックライスクッカー SR-03GP-W

先日、パナソニックの一人用ミニライスクッカーSR-03GP-Wを買ってきました。

洗わないといけないのは内釜と蓋だけという非常にシンプルな構造と、昭和っぽいちょっとレトロなデザインに惹かれて買ったのですが、一食分(0.5合)でも短時間でそこそこ美味しいご飯が炊けて概ね満足でした。
 
ただ、惜しむらくは、ガラス蓋のつまみがよく締まらなくて(固く締めるとガラスが割れる恐れがあるのかも)、洗うとガラスとつまみの間に水がたまってなかなか乾かないのと、ガラス蓋の周囲が金属で縁取りしてあり、ガラスとその金属の縁取りの間の汚れが取りにくく、また、そこにも水がたまるのが不満でした。
 
水がたまって乾きにくいと、なんかカビとか生えそうで気持悪い・・・。せっかく、シンプルで手入れが容易な構造なのに、詰めが甘い。こういう商品を作ってる人は実際自分で使ってみたりしないのかなと思いました。
 
で、代わりになるようないい鍋蓋はないかと探してみたのですが、この炊飯器の蓋は直径が約13.5cmで、なかなかこのサイズの鍋蓋は売っていません。半ば諦めかけていたところ、ご飯茶碗も似たような形だなと思いつきました。
 
それで、ご飯茶碗で探してみたところ、ちょうどいいのがありました! 無印良品の白磁めし茶碗・特大 約13.5。これがサイズぴったり。色も白でいい感じです。早速買ってきて試してみたところ、ご飯も問題なく炊けます。お手入れも簡単。
 
というわけで、パナソニックの一人用ライスクッカーSR-03GP-Wを買う方には、この無印のご飯茶碗を合わせて買うことをお勧めします。

|

« 2013年東京マラソン仮装ランナー | トップページ

食事・食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/537325/64558844

この記事へのトラックバック一覧です: パナソニックライスクッカー SR-03GP-W:

« 2013年東京マラソン仮装ランナー | トップページ