2008年5月25日 (日)

『ハチワンダイバー』がおもしろい!

将棋をテーマにしたドラマ『ハチワンダイバー』がおもしろい!

プロ棋士になる夢破れ、賭け将棋で日銭を稼ぐ真剣師に身を落としていた主人公菅田健太郎ことハチワンダイバー(ドラマの中では単にハチワンって呼ばれてます)が、次々に強敵に当たり、そのたびに、かつての師匠の言葉などを思い出して撃破していくというストーリー。

まず、M1王者のサンドウィッチマンが役者として出てるのがいいです。さすがM1王者は演技もうまい! 漫才のネタみたいな台詞で笑わせてくれますが、凄むときの迫力もすごいです。

それから、「アキバの受け師」と呼ばれるメイド棋士(仲里依紗)も魅力十分。おっぱい星人はみんな彼女の虜になるに違いありません。

毎回出てくる主人公の対戦相手の棋士も超個性派揃い。第2話の対戦相手の「マムシ」、第3話の対戦相手の「二こ神」、どちらもそれを演じた役者の怪演ぶりはすごかった。そして、今回第4話の対戦相手の売れっ子漫画家、文字山ジローを演じた劇団ひとりも素晴らしかった。知的さと幼稚さの間を大きな振幅で行ったり来たりするあの演技は、劇団ひとりにしかできないんじゃないかなって思いました。

主人公が窮地に陥るとぼとぼと汗をかいたり、勝負を決する決定的な一手を放つとき、打ち付けられた駒からオーラみたいなのが発せられて、それを受けた相手が後方にのけぞったりする超大げさな演出もおもしろいです。

このドラマを見た人が将棋に興味を持って、翌日日曜日朝10:20から放送されるNHK杯テレビ将棋トーナメントも見てくれるといいなあ、と思います。ドラマほどドラマチックではないですが、毎回、予想外の展開があっておもしろいです(ブログに書くの忘れてたけど、この間の阿久津六段VS神崎七段の一局も、後半、超接近戦のどつき合いになっておもしろかった!互いの王が間に桂馬を一つ挟んで睨み合った状態で攻め合う様子は、総合格闘技でいえば、お互いに顔をつき合わせた状態で殴り合うドン・フライと高山の名勝負のようでした。)

次回の『ハチワンダイバー』は、ハチワンと文字山の一戦が決着します! 絶対見ねば。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年4月23日 (水)

おせん第1話

蒼井優主演のドラマ「おせん」の第1話を見ました。

ん~、蒼井優いいなあ。

花魁みたいなへんてこな頭と派手な着物もおもしろいけど、白い割烹着を着て、淡々と、食材を慈しむように料理する姿にほれぼれしました。

特別美人ではないと思うんだけど、ものすごくきれいに見えるときがあるのは何故なんだろ?

この4月からのドラマは、「おせん」を見ることに決めました。


 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年4月 6日 (日)

SPスペシャル アンコール特別編

4月5日放送の『SPスペシャル アンコール特別編』を見ました。

見終わった感想ですが、「え、嘘? これで終わり?!」でした。

『つづく』の文字がくっきりはっきり出た後も、“いや~、まさかこれで終わりってことはないだろう。何かあるはず”って思って見てたけど、映画化決定の告知が出て終了。もう、がっかりです。

連ドラ放送時のSPの最終回を見て、僕はてっきり、今回のスペシャルでは、SPが対処してきた数々のテロ行為の背後にどのように尾形がいて、いかにテロリストたちを操作してきたのか、という尾形の闇の部分を描いてくれるのだと思いこんでいました。

でも、実際はそういうの一切なし! 全ては映画でってことのようです。

要は、2時間以上使って、映画の宣伝をしたってことかなと思います。『SP』は久々にすごくおもしろく大好きだったドラマなだけに、ちょっとこれはないんじゃない?って思ってしまいました。

こういう内容にするんだったら『スペシャル』じゃなくて『総集編』って言ってくれって友人が言っていましたが、全く同感です。 今からすると、『アンコール特別編』のところに、“再放送”とか“総集編”っていう意味が含まれていたのかなあって思うけど、そう思って見たファンは少なかったのでは?

このように番組を見終わった後は相当頭にきたのですが、しばらくたってみると、懲りずに、とにかく映画に期待!って思っている自分がいます。 やっぱり『SP』はいいドラマなので、これで見限ってしまうわけにはいかないです。いい映画、作ってくださいね!


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

篤姫 第12回『さらば桜島』

篤姫役の宮崎あおいが好きで、今年は大河ドラマ『篤姫』を見ています。

今までは、篤姫かわいいなあぐらいに思って見てきたのですが、今日は不覚にも、うるうるきてしまいました。江戸へ出立する前、実の父母である今和泉家の人と水入らずで会うシーン、それまで周囲に人がいる状況では実の父母を「父上様、母上様」と呼ぶことが禁止されていた篤姫が、はばかりなく「父上様、母上様」と涙ながらに呼ぶ姿にぐっときました。嬉しかったんだろうな~。

篤姫役の宮崎あおいは、かわいいだけ、綺麗なだけでなく、ここぞというときはびしっと威厳のある演技も見せてくれます。競演の瑛太も、『のだめカンタービレ』の峰君とは全然違う雰囲気で、演技力の幅を見せつけてくれます。

これから篤姫が江戸に上り、時代はいよいよ幕末の動乱期へ。楽しみです。

あ、そうだ。ここまでの『篤姫』の舞台は鹿児島で、篤姫の鹿児島を愛する気持ちが何度も描かれてきました。鹿児島に限らず、 九州出身の人は地元好きの人が多いのでは? 僕の周りにも一人、もう東京に来て十数年になるのに九州弁が抜けず、ことある毎に「九州(福岡)にかえりたかあ」と言ってる人がいます。最近、ほぼ日刊イトイ新聞で、そのあたりのことを追求した『九州人の思い』という特集がありました。『篤姫』を見ている九州出身の方、あるいは、『篤姫』を見て九州に行ってみたいと思った方、ほぼ日の記事も覗いてみては? おもしろいですよ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)