2008年4月26日 (土)

4月25日深夜放送のタモリ倶楽部

4月25日深夜放送のタモリ倶楽部は、ホリプロマネージャー南田裕介が『ホリプロ鉄道オタクマネージャーの鉄ちゃん』という本を出したものの、売れ行きが芳しくないということで、何とかしようという企画。

ゲストは、南田本人に加えて、南田がマネージャーをしているホリプロの鉄道アイドル(鉄ドル)豊岡真澄と、最近フジテレビを退社した政井マヤと、エロ企画でないのに何故か鴻上尚史。豊岡真澄はお腹に赤ちゃんがいて、結構大きいお腹をしています。

南田の本の売り上げ向上のため、本屋で良く見かける手書きポップの達人を呼んで、南田の本にも手書きPOPを作ってもらうこととなりました。

手書きPOPの達人として呼ばれた“伝説のポップ職人五人衆”は以下の通り。

三省堂・成城店 内田剛さん
リブロ・汐留パートII店 遠藤慎子さん
未来屋書店・イオン成田店 藤崎理恵さん
有隣堂・横浜駅西口店 梅原潤一さん
青山ブックセンター・六本木店 間室道子さん

内田さんは、『POP王の本』という本まで出版しており、そのPOPも自分で書いているとのこと。藤崎さんのPOPは、適切な“立ち読みポイント”にこだわりがあり、なんと、あの『世界の中心で愛を叫ぶ』のブームの火付け役にもなったそうです。

南田の本の内容は、鉄道好きにはたまらないものがあるようで、鉄道好きのタモリは食いつきますが、ポップ職人五人衆にはあまり響かないらしく、POPを作るのに相当苦労した模様。でも、できあがったPOPは、さすがの職人技で、どのPOPも読むと、お、ちょっと手にとってみようかなあと思わせるものばかりでした。

その中で、南田が選んだのは、藤崎さん作成のPOP。“立ち読みポイント”として、豊岡真澄をアイドルから鉄ドルとして育成していったときの話(P.152~)を取り上げたのも好ポイントですが、特に、“鉄ちゃん、脳内暴露本”というコピーが、南田のお気に召したようです。

その鉄ドル、豊岡真澄は、これからしばらく子育てに専念するということで、3月いっぱいでアイドルを芸能活動から引退するそうです。でも、「せっかく鉄道が大好きになったし、主婦鉄として、鉄道から離れる気はないので、またこれから、どこか車両基地とかで会うことがあるかもしれないです」って明るく言ってました。彼女の屈託のない笑顔を見ていると、彼女は幸せな一生を送っていきそうだなあって思います。お幸せに!

僕は、タモリ倶楽部の鉄道企画は結構好きで、南田が初登場したときのタモリ倶楽部もDVDに保存していますが、南田の本を買うかどうかは微妙。おもしろそうなところもありましたが、南田の妄想鉄道“MR(Minamida Railway)”の話を楽しめるかどうか自信ないです。でも、今回の放送で、少なくとも本屋で手に取ってはみるでしょう。

あと、今回の空耳でツボにはまったのがありました。曲はアバのママ・ミヤ。54秒あたりで、「ハゲ ナルシスト」って聞こえるのです。映像に出てくるバラの花を加えたハゲナルシストの姿が最高!元歌詞は「How can I resist you?」なので、確かに似てる気がしますが、「ハゲナルシスト」って言葉を思いつく投稿者のセンスはすごいなって毎度のことながら思います。ああ、これからアバのママ・ミヤを聞くたびにハゲナルシストの姿が浮かんでくるんだな~。

 
ホリプロ鉄道オタクマネージャーの鉄ちゃん Book ホリプロ鉄道オタクマネージャーの鉄ちゃん

著者:ホリプロマネージャー南田裕介
販売元:ゴマブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する



ホリプロ鉄道オタクマネージャーの鉄ちゃん ホリプロ鉄道オタクマネージャーの鉄ちゃん

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する


POP王の本!―グッドセラー100&ポップ裏話 POP王の本!―グッドセラー100&ポップ裏話

著者:POP王
販売元:新風舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アバ・ゴールド〈スペシャル・エディション・ベスト・オブ〉 Music アバ・ゴールド〈スペシャル・エディション・ベスト・オブ〉

アーティスト:アバ
販売元:ユニバーサル インターナショナル
発売日:2004/01/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年3月31日 (月)

東京ボーズスタイル2008

3月28日深夜のタモリ倶楽部は「東京ボーズスタイル2008」と題し、宗派を越えてイケてる僧侶(イケ僧)のファッションを、ファッション・ショー形式で紹介するという企画。ゲストはやはりこの人、みうらじゅんと渡辺祐。さらに、登場するお坊さんがファンだというPerfumeという女の子3人のアイドルユニット。

一人目のイケ僧は、Perfumeの曲「ポリリズム」をBGMに登場した東寺真言宗、松下弓月さん。黄色の衣の重ね着(スカート状の下衣と、上衣と、身体に巻く妙法衣)と、白のマフラーみたいなもの(帽子と呼ぶらしい)が、確かに格好いい!

この人は、前にアウトドア般若心経のときにもタモリ倶楽部に出演しており、そのときはオザケンのファンということでした。今はPerfumeのファンで、ファンになったきっかけは、「木村カエラさんのブログでPerfumeの曲が紹介されたときに、プロモーションビデオを見て、その瞬間、鐘がごーんと鳴った」だそうです(笑)。

次に登場したのは、黒で統一されたシックな法衣に身を包んだ曹洞宗、樋口星覚さん。この方は髪を剃っておらず、その理由を尋ねられて、「モテたいから」と真顔で答えていました(笑)。また、色々と着こなしにこだわりがあり、作務衣を使い込んだ感じに見せるために先輩僧侶の目を盗んで石段にこすりつけてみたり、足を長く見せようと作務衣の上衣の裾を短くしてみたり、頭に巻くタオルの結び方をわざとだらしなくしたりしているそうです。制服の色んなところを工夫する中学生みたい。まだ頭の中には相当煩悩が渦巻いているとみました。

でも、そういうの嫌いじゃないです。お坊さんにも多少の煩悩があった方が親しみが持てます。あんまり高尚な人だと、こっちの悩みなど理解してくれないかもしれないし。

この樋口さんは、キックボクシングのプロライセンスも持っているとのこと。変わった人です。いったい、どういういきさつでお坊さんを志したんだろ? あと、髪型について、「ドラゴン危機一髪のときのブルース・リーみたい」とみうらじゅんにつっこまれてました。

3人目は、日蓮宗、守屋宣成さん。白い衣の上に、アクアブルーの袴が鮮やか。この人もPerfumeのファンなのですが、その理由は「先ほど登場した松下さんに、『今、Perfumeが熱い。Perfumeがきてるぞ!』と薦められたから」だそうです。宗派を越えたPerfumeの広がりに一同大喜び。

最後は、浄土真宗、東本願寺の青江覚峰さんと、本願寺の日下賢裕さん。一方は、茶色の衣にブルーの袴、他方は、ブルーの衣に茶色の袴と対照的なコーディネート。日下さんは合コンにも行くそうで、「縁ですから。誘われれば、断りません」だそうです。タモリも言っていましたが、仏教精神に則った行動なわけですね。

今日登場したお坊さんは超宗派集団、虚空山彼岸寺のメンバーだそうで、仏教精神の基本に立ち返り、宗派間の対立を乗り越え、協力して仏教の教えを世に伝えていく活動をしているようです。私は、あまり宗教の教えには興味がありませんが、今回タモリ倶楽部に登場したような普通の若者の気持ちも持った若いお坊さん達が、仏教の教えについてどう思っているのか興味があります。

登場したお坊さんの中で、ベスト・イケ僧に選ばれたのは、最初に登場した松下弓月さん。Perfumeと記念撮影して嬉しそうでした。

そして番組のエンディングで、登場したお坊さん5人による般若心経の合同読経。これがなかなかよかった!メインボーカルの読経に、バックコーラスの読経が折り重なって重厚なハーモニーを奏でます。何言ってるかわからないけど、なんか耳に心地いい感じでした。


 

| | コメント (0) | トラックバック (1)