2008年5月31日 (土)

『Twisted』 (Jeffery Deaver著)

 
四肢麻痺の科学捜査官リンカーン・ライムのシリーズで有名なJeffery Deaver作の短編集、『Twisted』を読みました。16編の短編が収録されていますが、どれも傑作揃い。タイトルの“Twisted”(ひねりが効いた)の通り、どの話もどんでん返しがあって、やられたって気にさせてくれます。

邦訳は、収録されている短編の中の一つのタイトルをとって、『クリスマス・プレゼント』というタイトルで出されていますが、一話一話が短く読みやすいので、ペーパーバックで読むと英語の勉強にもなって一石二鳥のような気もします。

ほんと、どの話もおもしろかったのですが、特にお奨めは、『For Services Rendered』と、『Beautiful』と、『Triangle』と、『Lesser-Included Offense』です。最後のオチを知ってしまうとおもしろさが半減するので詳しい説明ができないのが残念ですが、以下に、簡単にコメントを。

『For Services Rendered』は精神科医が主人公の話ですが、その中に出てくる幽霊という概念についての話、精神を病んだ人の挙動についての話、ユーモアについての精神医学的見方などが興味深く、そして最後に出てくる皮肉の効いた台詞が最高です。主人公の精神科医も笑いを禁じ得なかったようですが、僕も爆笑してしまいました。

『Beautiful』は、ストーカーにつきまとわれる美女の話ですが、最後のオチに驚きました。主人公が美女だけに、ぜひ映画などにして欲しい話です。

『Triangle』は三角関係の話ですが、これも、最後のオチにびっくり! でも、これは映画化は無理だろうなあ。読んでいて、途中、ちょっと違和感のある描写があったのですが、最後まで読むと、なるほど、そういうことだったのかって納得できて、作者のプロットの巧妙さに感心させられます。

『Lesser-Included Offense』は、法廷が主たる舞台の作品。邦訳のタイトルは『 被包含犯罪』となっていますが、それ見ても意味がわからないですね。この短編集に収められた話はどれもどんでん返しがあることはわかっているので、この話も結末はおおざっぱには予想できるのですが、その具体的な手法が見事! 僕は読み終わって、なるほどなー、そういう手があったか、と大いに感心してしまいました。主人公の検事の人柄などの描写もよかったです。

他にも、シェークスピアが登場し、thouとかtheeとかthyとかhathなど昔の言い回しが頻繁に使われる『All The World's A Stage』 、リンカーン・ライムが登場する『Christmas Present』なども、おもしろいです。

続編として、『More Twisted』っていうのもあり、既に購入済み。んー、楽しみ。


Twisted: The Collected Stories Of Jeffery Deaver (Pocket Star Books) Book Twisted: The Collected Stories Of Jeffery Deaver (Pocket Star Books)

著者:Jeffery Deaver
販売元:Pocket Books (Mm)
Amazon.co.jpで詳細を確認する



 
クリスマス・プレゼント (文春文庫) Book クリスマス・プレゼント (文春文庫)

著者:ジェフリー ディーヴァー
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する



More Twisted: Collected Stories Book More Twisted: Collected Stories

著者:Jeffery Deaver
販売元:Pocket Books (Mm)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)